2007年12月28日

中間発表

終わりましたー。
今年も無事に終了。

修論発表を想定した形式でスライドを用意してたけど
「肝心の部分だけ話して」と言われ大半を飛ばして説明。
その実験の評価方法はどうなのよ?って
ありがたい突っ込みが入ったりしました。

※修論発表は研究の背景からすべてを短時間で説明するため
スライドは内容としては薄いものが多いのです。
しかも俺の研究は卒論の延長なので先生方には説明不要。


余裕を作ってもう一度実験しなおせればいいかもしれない。
後はオンライン動作させてデモが作れればいいんだけど。
今度提出する英語の論文と修論執筆にどれくらい時間がかかるか。
やりかけてできなかったらしょうがないし、
どこまでアグレッシブにチャレンジするべきか見極めに困る。
N先生的には「論文出して完成!」ということだしそれでもいいけど
今日の先生方の反応を見てると「もっと何かやらないのか?」って
おっしゃりたいようにも見えたし……。
posted by ひで at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。