2006年12月02日

\(^o^)/

CVPR査読論文提出できた!
これで土日は余裕こいて遊べる!の?

とりあえず執筆の思い出でも。
ろくな英論文が書けないから困った。

書くべきことはわかってても、いざ書くとなるとさっぱりなのが論文執筆です。
今回は特に英語で厳しいトコに出すからってことで、こんな感じでやってました。

 1.自分でへぼい文章で執筆
 2.N先生マジックで論文調の構成、文章に変換
 3.プロの校正で正確な英語に変換
 4.細部修正、レイアウト調整

最初の執筆段階はとりあえずN先生に意味が通じて
ある程度英語化するみたいな感じ。エレガントに書くのはあきらめた。

で、気がついたことは全部書いたら「ネガティブな部分を晒しすぎ」とのこと。
N先生マジックによって有利なトコを強調しつつ弱点は見せない方向で
スバラしい研究に思える文章に。
他の人の論文も、こうやっていいトコを強調した結果なのかな。


実験結果が全然整理できてなくて凹んだ。

一回の実験で4000〜8000個とかのファイルができるのです。
そんな実験をもう何十回かやったわけです。
その中から必要なファイルだけ選んでくるのです。

とはいえフォルダいっぱい作って整理するのはちょっと面倒で。
ファイルの場所を変えるとプログラムも書き換えて
さらに今までの実験結果も全部整理しなおさないといけなくなる。

で、その実験結果を画像にするプログラムがしょぼくて
色が見にくかったり画像のサイズがまちまちやったりして
ペイントで修正したりしてるw
もうアホかと。


実装が進んで夢が広がった。

前々からやろうと思ってた複数の人間への対応をやるいいきっかけになった。
でも昨日はバグだらけで、たぶん今でもまだやばい。
対応する前はエラーにならなかったのになんでやねん。

完成したら、スタジオ内で2,3人が動くのもアリですよ!
実験がかなり楽しそう。
そうなるとカメラがもっと欲しいな。
今8台で、2人いるだけでも死角が多すぎてノイズが出る。


もうちょっとだけ続くんじゃ。

さて、論文のオマケとして何かデータをつけることが許可されてます。
もちろん我々は「カメラ映像→関節モデル」みたいなビデオを載せたいわけです。
これが論文の締め切りより一週間先まで。

で、今のところビデオとして見せられるようなキレイな実験結果は
あんまり存在しないわけで。

3択 ひとつだけ選びなさい。
 答え1.いい結果を出す実験のアイデアがひらめく。
 答え2.何度か実験すればキレイなデータが取れる。
 答え3.キレイな結果は出ない。現実は非常である。
俺が○をつけたいのは答え1だが(ry

とにかくあと一週間はまだすることが残ってるみたいです。
posted by ひで at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3。
Posted by リンゴジュース at 2006年12月02日 01:55
正解!
Posted by ひで at 2006年12月02日 02:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28701811

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。