2006年11月17日

発表練習+撮影→グダグダ

今日は発表練習して、実験用の撮影。
4ヶ月ぶりの発表ってことでまともに話ができん。
やっぱり練習してよかった。



それにしても、はじめは出しとこうって言ったのに
直前になってどうでもいい発言されて、
発表練習してもすげーどうでもよさげな態度を取られて
テンション下がりまくりですよ。何してんやろ。
教授がまともに聞いて突っ込みを入れてくれるから
救われた感はあるけど。

明日発表すればそれで終了。それでいいか。


実験データに関しては、H君と二人で撮影。
惜しいとこでいまいち使えるのか怪しいデータばっかり。
服装とか動作とか、計画が足りてないか。

撮影→データ作成はいまだに失敗が多い。凹む。

撮影に関しては
・セルフタイマーが無音だからタイミングがずれる(もう一人来てもらう)
・原因不明の撮影失敗→撮り直すまでに2,3分の待ち時間(クラスタ間通信?)

データの作成に関しては
・服装や光、影の具合で形がうまくとれない(服装やカーテン、カメラの絞り)
・カメラの死角部分の形がまずい(死角を減らす向き、ポーズが重要)
・細線化の不安定さ(別の手法使ってみる?)
・グラフデータベースの整理が必要(手動部分が多くて死ぬ)

このへんちゃんと整備しないといまいち実用的なものにならんね。
posted by ひで at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27643602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。