2006年10月26日

スピード、SOIOS。

今日はプログラムの実行時間を計ったり、
全方位カメラで遊ぼうとあれこれしてました。

遅い
特にボリュームデータの作成(5〜6秒)と細線化(0.6秒)が致命的に遅い。
リアルタイム(0.05秒以下?)なんて 絶 対 無 理 。

案外重い処理が画像処理。
案外軽いのがボリュームの計算とファイル入出力。
GPUであれこれやろうっていうクリスの研究は
やっぱり的を得ていたのかな。

こっちの手法のネックになってる細線化は
それ自体が0.1秒。
こっちも画像処理に0.2〜0.3秒かかってる。

…まあ処理の遅さはある程度しかたないね。
これでもボリューム以外の処理は他のと遜色ないスピード。
とりあえず論文に載せるのにこの時間をかいとくか。


隣の研究をパクってみるテスト
隣の席のH君が、全方位カメラを手に持って
それを入力デバイスに使おうっていうエキセントリックな
研究をはじめてしまったわけで。

ビジョン関係のこっちとしては
カメラを使って手の形を認識とかなじみが深い。
おもしろそうかと思ってOpenCV使って、
まずはカメラの画像から肌色の領域を取り出すだけの
プログラムを書いてみました。

でも、実行時エラー出まくり……。
ビデオをキャプチャする瞬間に落ちます。
カメラとかドライバとかとの相性が悪い??
よくわからんまま試行錯誤して、
1時間くらい浪費してました。
自分のほっぽらかして何してんやろ。

H君のと同じノートPCやから、この先
彼がOpenCVを使うなら同じ轍を踏むのは目に見えてて。
でも色変換やエッジ検出にOpenCVが便利なのも確か
(今回のプログラムは一瞬で書けた)。
どうするのがいいんやろな。
ともかく明日は……もうやめとくか。
posted by ひで at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26174094

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。