2006年09月09日

Gavota Choro by Heitor Villa=Lobos

練習途中だけどそれなりに弾けたのがうれしくて
めいいっぱいのリバーブをかけてみるテスト。



方針転換
今まで練習記録として録音してたから加工は一切無しでやってたんやけど
ここでの公開はギターのスバらしさしらしめるって目的があるので
もうすこし良く聞こえるように工夫をしようかと。
マイクも楽器もいまいちってハンデがあるからこれくらいありっしょ?
そしたら今日はリバーブかけすぎた。反省はしていない。


作者について
ヴィラ=ロボスはピアノとかチェロの音楽の方が作品が多くて
ギター曲はCD一枚で全作品が収まる程度なんやけど
曲のクォリティが高くてよく演奏されてます。
1912年、ブラジル出身。

ギター曲ではありえん運指がたまに出てくる。
でも開放弦をせいいっぱい使って工夫された曲を作る。
メロディーがやたらとキレイ、もしくは奇妙。
エキセントリックな12の練習曲にしても
ギターを熟知してないとこうはできないと思って関心。
posted by ひで at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23517485

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。