2009年11月01日

Papervision3D

てなわけで3Dに手を出してます。
麻雀牌の絵を見つけたので貼り付け。





OpenGLとかよりソースが非常にすっきりしていいね。
あとは動きとか判定とか作れば麻雀できますな。
テクスチャ+シェーディングをやるのに
ShadedMaterialとかいうのを使うのですが、
これにバグ?があって、面ごとに別々の絵を貼れないらしい。
1時間くらいはまったorz

APEIROPHOBIA:ShadedMaterialメモ

parpue.net:PaperVision3D Cubeに展開図を貼り付ける


普通に考えて不便すぎると思うんやけど、
みんなこれどうやって解決してるのか。
テクスチャ付きのモデルをモデリングツールで作っておいて
読み込む方がいいんかな?
表面の模様以外全く同じなんで、中で作った方が絶対いいはずなんだけど……


追記:PhongShaderでは陰影+テクスチャできました。
ついでに凹凸間も出て一石二鳥www
posted by ひで at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131781630

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。